ホームページリニューアルのポイント5つ!

ホームページをリニューアルするときには、リニューアルの目的があると思います。
たとえば「お店のリニューアルに合わせてサイトも新しくしたい」だったり、「●年前に作ったきり放りっぱなしで、情報も古くなってるからそろそろちゃんとしたいと思って」だったり。
NotiQuoにリニューアルのご相談をくださるお客様も、それぞれ目的が様々です。
でも、せっかくリニューアルをするのなら、どんなサイトでも押さえておきたいポイントがあります!

今回は、ホームページをリニューアルする時に、私が普段気にしている5つのポイントをご紹介します。
「リニューアルはまだいいかな」と思っている方も、以下のポイントから自分のサイトを見直してみて改善の余地がないか、ぜひ検討してみてください:)

目次

デザイン、レイアウトを時代に合わせる

ホームページの見た目が時代遅れになっていませんか?
モニタ解像度が上がったことやデバイスの多様化、通信速度の上昇によって、デザインの流行は移り変わっていきます。

数年前までは、ページの左側にメニューがあって、右側にメインコンテンツのある2カラムデザインが主流でした。モニタの解像度も低かったため、コンテンツ全体の幅は960px程度までに抑えて、小さなモニタでも収まるように作られていました。通信速度の問題で、サイズの大きな画像はなるべく使用しないようにされていました。

モニタ解像度が上がって、コンテンツの最大幅も1200px程度にまで広がり、大きな画像と余白をたっぷり使った、ワンカラムのレイアウトが好まれるようになってきました。
通信技術も格段に進歩したので、静止画だけでなく、動画を取り入れるホームページも増えています。違和感のない動きを表現するようなアニメーションの技術も発達しています。

●年前に作ったサイトのデザインが悪いのではなく、技術の進歩によって、出来ることが増えてきています。
時代に合わせてデザインやレイアウトを変えていくことは、古くなって傷んだ店舗をリニューアルするのと一緒です。

統一感を取り戻す

ホームページ全体の統一感がなくなっていませんか?
これは、ご自身で地道にコツコツ更新されているサイトで特に気になるポイントです。

付け足し付け足しで統一感がなくなったバナー群や、ページが増えてバランスが悪くなってしまったメニュー。追加されたページごとのクオリティやボリュームの差。
ご自身で更新を続けられる人はそんなに多くありませんから、これは努力の結晶なのですが、それがホームページのバランスを崩してしまっているのを見ると「もったいないなー」と歯がゆい気持ちになります。

一度出来上がったものにあとから少しずつ要素を足していくと、どうしても方向性にバラつきが出てくるものです。
ひとつひとつの要素を精査してまとめ直すのは、デザイナーの大切なお仕事ですので、良かったらご相談くださいね!

情報を整理しなおす

古い情報が放置されていませんか? 打ち出したいコンテンツが埋もれていませんか?
これも、長年運営されてきたホームページで気になるポイントです。

古い情報と新しい情報が混在していたり、以前とはメインの事業が変わっているのにうまく打ち出せていなかったり。コンテンツページが分類されないまま増えて、何が何だか分からなくなっているホームページも、時々見かけます。

リニューアルは、「ホームページで打ち出したいポイントはどこなのか」「ターゲットは誰なのか」なども含めて、情報を整理し直すいい機会です。
放置されていた古い情報も、新しくすることでまた活きたコンテンツになりますよ!

閲覧者にとって使いやすくする

ホームページを訪れる人によく利用されているコンテンツは何ですか?
閲覧者がホームページをどのように利用しているか、もう一度見直してみましょう!

閲覧者が見たいコンテンツにたどりつきやすく、使いたいコンテンツが使いやすく、欲しい情報が充実していますか?
ホームページは、なんと言っても、利用する人に気に入って貰えるものでなければいけません。サイトの管理者が載せたい情報を載せるのではなく、来てほしい人が求める情報を載せることが重要です。

情報があっても、たどりつけなかったり、理解しにくかったらもったいないですよね。
閲覧者が使いやすいホームページにするためには、どういう配置で、どういう導線で、どういう内容のコンテンツを用意すればいいのか、改善できる箇所を探してみましょう。

運用しやすくする

ホームページ、更新できていますか?
皆さんご存知のとおり、ホームページは「作りさえすればお客さんを呼んでくれる」わけではありません。
情報を増やすことで窓口を増やし、検索の上位表示を目指し、訪問者に気に入って貰うためには、やっぱりホームページを更新していく必要があります。

でも、専門知識が必要だとなかなか難しいですよね。FTPでデータをダウンロード、アップロードするだけでも、慣れない人には難しいものですし、ページを編集しようと思うとHTMLやCSSの知識も必要になります。単純に時間と手間も掛かります。

「ページを増やしましょう」って言われても、何を書けばいいか分からないし……という方も多いと思います。

ホームページ全体をCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で構築すれば、更新・編集しやすくすることができます。たとえば、商品紹介や施工実績など、あらかじめ頻繁に更新するコンテンツを決めておいて、簡単に更新できるような土台作りをしておくこともできます。
一から自分でページを作ろうと思うと大変ですが、工夫次第で、更新のハードルは下げることができますよ!

更新できそうなコンテンツは何か、更新していくには何が必要かなど、「運用すること」にも焦点を当てて考えていきましょう。

以上、NotiQuo流「ホームページリニューアルのポイント5つ!」でした。
ご相談もお待ちしてまーす!

目次
閉じる