楽しいイメージの作り方

楽しい印象にデザインするコツ

今回は、デザインのテイストのお話。
「楽しい」雰囲気を作り出すコツについて、実際の制作過程と合わせて、フォントの選び方やレイアウト、配色のポイントをまとめてみました。

  1. 「楽しい」印象について考える。
  2. 実際に作ってみた
  3. フォントは太くて強弱のあるものがオススメ!
  4. 動きのあるレイアウトで楽しさアップ
  5. 明度と彩度が高めの色でメリハリをつける
  6. あしらいの工夫:散らす
  7. バリエーション例

「楽しい」印象について考える。

まずは「楽しい」印象がどのように使われるのかを見ていきます。

「楽しい」と仲がいいキーワード

私たちが実際にデザインする時に、「楽しい」印象だけを目標に手を動かすことはほとんどありません。ちょっと意味が広すぎて、それだけでは曖昧すぎるからです。

「楽しい」とよく一緒に使われるキーワードを挙げてみます。

  • わくわくする
  • 賑やかな
  • 親しみやすい
  • 元気がある
  • リズミカル
  • ポップ

などなど……

これらは「楽しい」に近い印象を表す言葉です。
デザインする時には、この他に、デザインの目的や題材、場合によってはテーマカラーを総合的に組み合わせて形にしていきます。

例えばどんな時に使う?

「楽しい」印象が必要になりやすいシチュエーションや題材について考えてみます。

  • 幼稚園、保育園、子ども園
  • バザー、フリーマーケット
  • 遊園地、水族館、動物園
  • お祭
  • 旅行

などなど……

子ども・ファミリー向けや、娯楽施設、イベントごとの案内などと親和性が高いですね。

実際に作ってみた

実際に「楽しい」印象になるよう意識して、アイキャッチを作ってみました!

このアイキャッチの制作過程とともに、「楽しい」印象に仕上げるコツを解説していきたいと思います。

フォントは太くて強弱のあるものがオススメ!

まずはフォント選びから。
ズバリ、ポイントはこちら!

  • 太め
  • 強弱がある
  • 手書き感がある

手書き感があると言っても、完全に手書きのフォントや筆文字を選んでしまうと、ちょっと印象が変わってしまいます。
基本的には、太めで強弱のあるゴシック体、もしくはデザインフォントがおすすめです。

Adobe Fonts から、プレーンなゴシック体「源ノ角ゴシック」と、「楽しい」印象を強めやすそうなフォント3種を選んで、並べてみました。

  • TB カリグラゴシック E
  • 漢字タイポス415 Std R
  • TA-F1 ブロックライン

フォントが変わるだけでもだいぶ印象が違いますね。

この他にも、モリサワさんの「すずむし」やフォントワークスさんの「ベビポップ EB」、フリーフォントなら「しろくまフォント」あたりが、ちょっと柔らかめな印象もプラスできておすすめです。

動きのあるレイアウトで楽しさアップ

先ほど挙げたフォントの中から、今回は漢字タイポスを使うことにしました。
さらに「楽しい」印象を強めるために、文字に動きを加えていきます。

楽しくてテンションが上がっちゃった時って、リアクションが大きくなったり、鼻唄を歌っちゃったり、スキップしちゃったりしますよね。
そういう状態を表現するのがコツです!

動きを出すためによく使われる方法は、以下の4つ。

  • 大小の差をつける
  • 上下、左右にズラす
  • 回転させる
  • 斜めに配置

今回は、全体を上下にズラしてリズムをつけて、最後の文字だけをちょっと傾けてみました。
回転させるのは遊び心を加えるという意味でも効果的です。

さらに、文字だけだとすこし物足りなさもあったので、吹き出しを足しました。
吹き出しのフォントはAdobe Fontsで使用可能な「どんぐり かな R」を使っています。

明度と彩度が高めの色でメリハリをつける

次は色選び。「楽しい」印象に使えそうな色をいくつか挙げてみます。

#FA7773

#FFCC2F

#26C87B

#2FDFFF

#FF69A3

#F1AC31

#FFE330

#00B1BB

#739CFA

明度と彩度が高めの色、トーンの分類でいうと「ブライトトーン」の色がおすすめです。差の大きな色を組み合わせるのがポイントです。

例えばこんな感じ。
特に、イエロー系は「明るさ」「軽快さ」「幸福」などを表すのに向いていますので、「楽しい」イメージと相性のいい色です。

色数を増やすと、もっと「楽しい」印象になります!

ただし、色数が多くなればなるほど、色同士が喧嘩を始めてバランスを取るのが難しくなります。

今回は、色同士のぶつかりを緩和するために、文字の周りは白く縁取りをしました。色数が多くなる場合は、色の面を小さめにして、背景を白に近づけるなどの工夫が必要になります。
逆に言えば、背景が白でも、色数を多めに使うことで楽しい印象が出せますよ!

あしらいの工夫:散らす

そしてこれが完成品!

じゃん!

先に挙げた「レイアウトの工夫」と同じことなのですが、「楽しい」印象を高める工夫として、「散らす」のもおすすめです。

三角形は特に動きのある印象が出せますが、たとえば、ドットを散らしたり、切り抜いた写真を散りばめるようなデザインも、いいですね!

ポイントは、とにかく、「動きを出す」ことです。

バリエーション例

「楽しい」印象になるように、別の方法であと2パターン作ってみました。

斜めの配置を使うと、勢いやスピード感も出るので、元気で活発な楽しさを表現したい時に使えます。

アーチ型の配置など、円形に近づくと柔らかい印象が強まり、親しみやすさが生まれます。

ということで、「楽しい」印象にデザインするコツでした!

ページ上部へ戻る